大皿

¥5,800

商品カテゴリー:

説明

鎌倉時代初期には還元焔焼成による焼き締め陶が焼かれる。鎌倉時代後期には酸化焔焼成による現在の茶褐色の陶器が焼かれる。当時の主力は水瓶や擂鉢など実用本位のものであり、「落としても壊れない」と評判が良かった。この当時の作品は「古備前」と呼ばれ珍重される。

室町時代から桃山時代にかけて茶道の発展とともに茶陶としての人気が高まるが、江戸時代には茶道の衰退

レビュー

レビューはまだありません。

“大皿” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です