小鉢

¥18,000

商品カテゴリー:

説明

胡麻(ごま) – 窯焚の最中に、薪の灰が融けて生地にくっ付く事によりできる模様。
桟切り(さんぎり) – 金・青・灰色などのさまざまな模様。
緋襷(ひだすき) – 藁を巻き鞘などに詰め直接火の当たらない場所で焼くことによって、生地全体は白く、藁のあった部分は赤い模様になる。赤と白のコントラストが端麗で人気も高い。
牡丹餅(ぼたもち) – 焼成時に作品の上にぐい呑みなどを置くことで

レビュー

レビューはまだありません。

“小鉢” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です